こんにちはテモナの田村です。

クライアント様との会話の中で離脱率の改善方法が

話題に良く上がります。

今回は離脱率改善施策方法についてお伝えさせていただきます。

webサイトでの離脱率上昇の原因

webサイトでの離脱率上昇の原因は複数回訪問しているユーザへ同じ内容

見せすぎている事にあります。

 

何故同じ内容を複数回見せる事で離脱率向上につながるのでしょうか。

それはコミュニケーションが一歩通行になっている事に問題があり、

その結果離脱率の高いwebページになります。

 

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

離脱率が低いwebサイトに共通する特徴とは

離脱率が低いwebサイトの共通点は訪問するユーザの事を

良く考えてwebサイトが構成されていることです。

 

商品購入者が再訪した際には以前購入した商品と一緒に使うと

相乗効果のある商品をオススメしてくれている事や

既に商品を使用してくれているお客様のユーザボイスが掲載されており

購入を後押ししてくれる情報を出している事が重要になります。

 

皆さんも一度は利用したことのあるamazonもお客様の事を

関連商品をオススメしてくれるなど商品購入を後押しする

ユーザボイスの使い方なども秀逸です。

ユーザが購入しやすいwebサイトを構築することで離脱率を

低減させてユーザが購入しやすいサイトを目指す事が重要です。

fb6fca2d8a4ec62f9fb7f0df40528820_s

実際の導入イメージ

ユーザの求めている情報を訪問の度に出し変える工夫をすれば離脱率は改善されて、

離脱率の低いwebサイトを構築する事が出来ます。

 

実際にamazonの様に大規模にwebサイト構成を替えなくてもwebサイトの

ファーストビューでユーザ毎にオススメ商品やユーザボイスを出し変えるだけでも

離脱率の改善が可能です。

商品Aを購入したユーザが訪問してきた場合はファーストビューにクロスセルが出来る

商品Bを表示するなどです。

 

e6c911252596b4f0cae35c2c2dfab2c7_s

今回のまとめ

ユーザの欲しい情報を表示出来る様にしてユーザが購入しやすい

サイトを構築する事によって、ユーザの心を掴む事が出来る様になり

離脱率を低減させる事が可能になります。